Home > 2007年08月  TotalPages1

--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-08-26 Sun 01:49

てづくりせっけんGET!

以前にこちらでご紹介したFairyちゃんに、
いくつか石鹸を分けていただきました。

tedukurisekken


自然の素材で、オイルの配合によって効果も違うようです。


さっそくレッドクレイソープで洗顔。

redclay


ふわふわ
というよりは
モチモチな、良質の泡。

レッドクレイソープは角質を落としてくれる効果あり。
洗い上がりはさっぱり、すっきり。



そして液体シャンプー

shampoo


低刺激。
ほのかなローズウッドの香り。

こういうものを毎日使っていたら、綺麗になれそう!

食器洗いやフツウの洗剤としても使えるものを作っているらしくて
良いなと思っていたのですが、
実際に使ってみたら
カラダ&環境にやさしいことを実感。

市販の添加物いっぱいのものより、
使い心地落ちるんじゃないかと心配もしたけど、
むしろこっちのほうが良い気がします。

大満足♪でした。

■現在Fairyちゃんのページはこちらにお引越し中。

スポンサーサイト

Theme:ロハス&エコロジーライフ

Genre:ライフ

2007-08-26 Sun 00:12

「どこでもヨガ」追加しました

ニンテンドーDSからゲームソフトも出ている

「どこでもヨガ」

左のメニュー欄の下のほうに(人気なので上に変更)追加しました。

何秒か待つと自動でポーズが変化して、
あとはページ更新するたびに、新しいポーズがでてきます。
小さいけど、無料です♪

ビリーズブートキャンプまではちょっと・・・という方も、
パソコンの前で一緒にらくだのポーズくらいなら
手軽で良いのでは?

しかもコレ、毎週新しいポーズが追加されるらしいです。
楽しみ。


【追記:2007年9月16日】
これを載せてから、ケータイで上手く見られなくなったという方が
たくさんいらっしゃいましたので、削除してみました。
遊びたい方はDS買ってみてくださいにゃ

Theme:ニンテンドーDS

Genre:ゲーム

2007-08-24 Fri 00:23

ちょっと前の経済書を今読んでみる~『スティグリッツ早稲田大学講義録』

藪下 史郎、荒木 一法 他
『スティグリッツ早稲田大学講義録 グローバリゼーション再考』
光文社新書


スティグリッツ早稲田大学講義録 グローバリゼーション再考 (光文社新書)
(2004/10/16)
Amazonで詳細を見る


移動中の暇つぶしをKioskで探していたら目に留まったので。。。

スティグリッツは、有名なマクロ&ミクロ経済の教科書を書いたアメリカの経済学者。
DS曲線とか、フィリプス曲線とかはスティグリッツで勉強した覚えがあります。
そのスティグリッツが2004年に早稲田大学で講演会を行ったときの記録がこの本です。


まったくジャンル違いの方には「曲線の左シフトって何だ!?」って意味不明かもしれませんが、
多少なりとも経済学を勉強したことのある方なら興味深く読んでいただけると思います。
まず前提としてスティグリッツはケインズ派。
IMFの失敗を、ケインズの理論で斬る!という本です。

学生のころはアンチ・ケイジアン学派の理論がむしろ頭良さげに見えていたため
「ふーん」って感じでした。
今はもう大人なので「ケインズの理論もイイ(・∀・)!」
素直に読めたかも。
単にIMFがひどすぎるのか、それともスティグリッツがIMFに恨みでもあるのかは謎。。。
この本に書かれていることが本当なら、IMFはアンチケイジアンじゃなくて
産業革命以前な感じ。

2004年(&本の中に出てくる90年代)と言えばまだ「市場にまかせていれば経済成長」
「規制緩和をすれば経済成長」と盛んに言われていたころで、
当時から市場第一のアメリカ的発想を(主に貿易&流通論的に)危惧していたかれんですが
あの時代に当のアメリカ人の偉いヒトが声を大にして保護政策も必要と主張していたのは
凄いことだと思います。
米国内の産業保護ではなく、アジア&ラテンアメリカ諸国の利益のために言うのは尚更。
(註:当時アメリカは各国に対して市場開放を強く要求していたにもかかわらず、
関税や知財権などの各分野で自国の産業が優位になるような
国際法上の政策を取っていました。)
いわゆる反対勢力だよね。
日本人やヨーロッパ人で言ってるヒトはいたけど。


資本の自由化は望ましくない、なぜなら金利&為替のレートによって、
弱い国は資本流出してしまい通貨切り下げの事態に陥るから。
とか、今も解決されていない問題が多く、読みながら
じゃあこんな場合は・・・?って色々考えさせられました。

経済学の研究テーマを探している学生さんは読んだら面白いと思いますよ。
あちこち引っかかる部分も含めて、思考の刺激になるはず。

で、本好きのかれんはもちろん奥付チェック。
なんと。
2004年10月20日初版第1刷発行
(一度も増刷してない・・・)

・・・って、プロモーションの誤りなのか、在庫リスクの読み誤りか。
天下のスティグリッツなのに。
またまた考えさせられました。

Theme:経済

Genre:政治・経済

2007-08-21 Tue 23:57

白洲正子『能の物語』

白洲正子『能の物語』講談社文芸文庫
ISBN:406-1963295
能の物語 (講談社文芸文庫)
(1995/07)
Amazonで詳細を見る



お能の物語が短編集としてまとめられています。
風雅で美しい文体です。
お能の登場人物は、伊勢物語や平家物語に描かれている人々で、
平安の都や島流しの鄙びた土地などで幽玄な物語が紡ぎ出されます。

白拍子が舞い、弁慶が戦に敗れて落ち延び、在原業平の恋人が昔を語る。
木花咲邪姫の申し子が人買い舟に乗るお話もあります。
ただの古典の物語と違っているのは、その登場人物たちが
思い残したことを伝えに後世に現れること。
昔語りをして、供養を受け成仏して幕引きとなります。
時代を隔てて語る、遠い昔の魂。

現世と浄土の往来があるのです。

お能の本質を「つかみどころのない、透明な、まるいもの」と表現した白洲正子さん。
この優美でありながら無駄のない文章を、30歳のときに執筆されたと知ったとき、
本当に驚きました。
古典を基に現代の小説にしたものは数多く読んでいますが、豊かさや完成度といった点では
与謝野晶子さんの源氏物語にも匹敵するのではないかと思います。

お能の舞台は音楽と演劇と舞踊の融合。

日々の喧騒から解き放たれて舞台を堪能できるのが待ちどおしい今日この頃。

2007年9月28日(金)19:00~能「土蜘蛛」、狂言「六地蔵」
2007年9月29日(土)15:00~能「道成寺」、狂言「鐘の音」
札幌メディアパークスピカにて。

出演:野村萬斎、石田幸雄、観世喜之、観世喜正、森常好ほか
詳細はこちら


スピカは近々取り壊されるらしいですね。
札幌にお能のブームを起こした&いままでスピカを運営されていたSTVの事業部の方に感謝

Theme:文学・小説

Genre:小説・文学

2007-08-19 Sun 13:56

サブプライムと世界的信用不安について

みなさまごきげんよう(はぁと)

世の中はサブプライム問題&世界同時大混乱!
先日ある方から、
専門用語だらけ&昔無かった商品だらけでわからないので
勉強する本はないの?とリクエストがありまして。

ヒトコトで言うと、ありません(笑)

いま現在起こっていることや主役となっている金融商品を
金融論の本で壱から勉強していては日が暮れてしまいます。

最低限の略語&流れを(てきとうに)解説するので、
あとはコレを使って、業界の偉人たちのblogを読んでくださいね。
(文中の水色文字がリンクになってます)

 【 サブプライムローン 】 収入が低かったり
  ブラックな人たちに、高利で貸すローン。

アメリカではこれで住宅を買った層が払えなくなり、
貸し手が大打撃を受けてる。

3月にサブプライムが注目され始めたころ何が起こっていたのかはKlugさん
ここでは市場規模約1兆3千億ドルで大したことなさそうと書かれているけど・・・
その債権にレバレッジがかけられて転売されているので問題はあちこちに波及。

 【 レバレッジ(レバ) 】 信用取引や金融商品をつかって
  実際の資金よりも多い金額の取引をする仕組み。

「3倍レバが効いている」だと実際の資金量より3倍膨らませてある、の意味。
損をするときは元本の3倍っていうこと。

 【 HF 】 ヘッジファンド
 【 IB 】 投資銀行と訳すけど、大口相手の証券会社のこと
 【 CDO 】 社債や貸出債権(ローン)などの資産を担保にして
  発行される資産担保証券(証券化商品)


より詳しい用語解説はウォールストリート日記さん

レバレッジがかけられて転売されている様子はぐっちーさんのところ

転売されたものは格付けが高くても危ないっていうお話はこちら

 【 クレジットクランチ(信用収縮) 】 銀行が資金調達できなくなったり、
  銀行が貸し渋ったりする状態。
  ちょいプロ的な言い回し?では、信用創造ができにくくなった状態。


すでに欧米では金融機関の資金調達困難な場面があり、
FRBとECBによる無制限資金供給が行われました。

 【 FRB 】 アメリカの中央銀行(アメリカの日銀的なもの)
 【 ECB 】 EUの中央銀行(ヨーロッパの日銀的なもの)

アメリカのサブプライム問題が世界の金融全体に波及している様子は
酔生夢死さんの8月10日からの記事がわかりやすいです。

さらに読みたい方は・・・
「ヨーロッパへ飛び火」の様子は厭債害債さんおかねのこねたさん

サブプライム以外の市場での信用収縮にも波及している様子はこちら

この動乱のさなか日本はどうして円高なのか?
それは円キャリ解消のため。

 【 円キャリートレード(円キャリ) 】 金利の安い円で借金して、
  海外で高利回りで投資・運用すること

円キャリ解消:海外投資を引き揚げて日本で借金返済。
すると外貨を日本円に換えるので必然的に円高。

そして日本も株安。
円高になると輸出産業株が下がる
日本の株式市場の6割を占めるといわれる外国筋が買い控えてる
日本の機関投資家&個人も先行き暗そうだから買い控えてる
っていうのが一連の流れですね。

あとは、日経新聞を(8月12日ごろの分から)
裏までひっくり返して読むのが一番だと思います。
信用不安をあおるような真似はしたくないけれど、
みなさんが逃げ遅れないことを祈っております。
投資信託MMFFXも、逃げ推奨。
いま仕込みを入れるようなツワモノは、とめないけどね(笑)
では。

Theme:金融・経済ニュース

Genre:株式・投資・マネー

2007-08-17 Fri 01:34

星の降る里のおはなし。重松清『カシオペアの丘で』

重松清『カシオペアの丘で』講談社
ISBN-13: 978-4062140027
カシオペアの丘で(上)(2007/05/31)
Amazonで詳細を見る

カシオペアの丘で(下)(2007/05/31)
Amazonで詳細を見る


涙腺のゆるむ小説を読みたい方専用!
もう、最初から読者を泣かせるスタンスです。


重松清さんの出版ご挨拶みたいな映像(Webで落ちてた)を見たら、
この作品で一番伝えたかったのは
「親は子供に何を伝えられるか」
ということだと言っていました。

特に後半はこのテーマが色濃く、きっちり感動させてくれました。
さすが重松さん。


ハンデキャップやトラウマに人生左右されてる人間が
4人も5人もまとめて出てきて小学生時代のしがらみで
40代まで生きてるのは設定重い感じですが・・・。
良く捉えるなら、この中の誰かに共感はできるかも。

「他人と自分自身をゆるすこと」「ふるさと」
について書くにはこれくらいで良いのかしら。


この小説のモデルは、北海道芦別市。

カシオペアの丘=星の降る里
ちゃんと大観音像も実在するし、株式会社星の降る里経営の
カナディアンワールドが芦別市の財政に打撃を与えた話も実話です。
後半、大観音像を入場無料にしていたのも実話。
この星の降る里って2007年7月に破産手続き開始のニュース
出たばかりでしょ?
すごくタイムリーなのですよね。

小説中、実名が出てこないのでわからなかったのですが。
チラッと出てくる鉄道会社は西武系?
芦別といえば三井炭鉱が平成の時代まで存続していたけれど
この小説の舞台は三井で合ってる?
札幌の建設会社って旧地崎工業?
などなど「どこまで実話なのか」無駄に考えすぎて
読みながらGoogle何度も検索してしまいました。
結局、謎は解けず。
ご存知の方はおしえてくださいね。。。


【追】記事を書いてから知ったのですが、
舞台は芦別市ベースだけど、夕張市のエピソードも織り込まれているらしいです。

Theme:文学・小説

Genre:小説・文学

2007-08-14 Tue 21:57

お盆休み取れてますかー?

みなさまお元気ですか
お仕事の忙しい方も多いかと思いますが、ちゃんと休日取れてますか?

かれんは7月に連休取りすぎ、遊びすぎのため
今月は粛々と仕事でございます。

会社に行ってもこの時期に忙しいはずもなく
お取引先様を訪問しても暇つぶしの道具くらいに弄ばれ
さらに・・・

世の王子様&おぢさまがたはお墓参り&家族サービスで
かまってくれない★


仕方なく、アフターファイブはお家で一人ビール飲んでます。
千枚漬けなど齧りつつ。

ふだんは会社に遅くまでいたり、
その後飲みに出歩いたりしてて気付かなかったんですが

5時ちょっとに会社から帰ると、アフターファイブって長いの。

ご飯食べてシャワー浴びてビール飲んでブログ書いてテレビ見ても

まだ夜が続いてる。

毎日早帰りしたら、めちゃ人生長くならない???
不老長寿の薬や、タイムマシンを手に入れたような気分。
ささやかすぎる幸せでした。

ヒマだから、かまってくれる方はイタズラ電話でもくださいね。(本音)

Theme:日記

Genre:日記

2007-08-13 Mon 02:52

畠中恵『ねこのばば』

畠中恵『ねこのばば』新潮文庫
ISBN:978-410146123-6
ねこのばば (新潮文庫) (2006/11)
Amazonで詳細を見る



しゃばけ』『ぬしさまへ』に続く、 『しゃばけ』シリーズ第3弾です。


さいしょに出てくる玉子料理に「おいしそ~♪」
そして、最後にはしゃぼん玉が切なく。。。

怪事件たくさん&軟禁までされても、
どこか飄々として取り乱さない若だんな
大物になる予感を感じさせてくれて
(3冊目にしていきなり)好みのタイプかも
皮肉なんて言うキャラになったのは意外ですが、
いつまでも子供じゃないってコトかしら(笑)

松之助のお見合い話に、お春ちゃんのお嫁入り。
若だんなに縁談もどきも来て、お年頃なかんじの一冊ですね。

5歳の於りんちゃんと、お雛ちゃん。気の強そうな二人も気になる存在。

佐吉の昔話あり、
一瞬だけ京極夏彦を思わせるお寺の騒動あり
たっぷり楽しめました。
(ネタバレになるので詳しくかけないけれど。)

さて。


このあと4冊目『おまけのこ』の文庫化・・・

待てません。

久しぶりにこんなに「続き読みたい病」にかかりました。



Theme:妖怪・憑き物・陰陽師

Genre:小説・文学

2007-08-09 Thu 17:30

ロングテールの話の続き。『続 ロングテール戦略』

前のエントリでお話させていただいた、ロングテールについて。

最近、続編が出版されました。

菅谷義博
『続 80対20の法則を覆す ロングテール戦略』
東洋経済新報社

ISBN:9784492555736
続80対20の法則を覆す ロングテール戦略(2007/01/26)
東洋経済新報社

Amazonで詳細を見る


こちらも趣旨は1冊目と同じですが、進化版。
帯のコピーのとおりです。
「小が大を飲む!すごい儲けの仕組み」
しかも、パレート図の胴体部分に「大企業」
ロングテール部分に「クリエイティブな個人の群れ」

インターネットは文字から動画の時代に来ているので、
うまく使えばTVコマーシャルのような効果が生み出せて、
しかもマーケティングの自動化にもなり・・・
(で、小が大を飲むのね。)

動画広告の効率的な出し方も紹介されています。
ちょっとGoogleから宣伝料もらってない?という疑問もわきますが、
そこは、まぁ(笑)

Web自社の広告を出すとき、検索エンジンの上位に表示させるにはどういう技術を使うか。
メルマガの配信をするとき、個人間のメールとして読んでもらい、
良い印象をもたれるにはどんな作りこみ方をするのか。
高額の商品を売るときの、フロントエンド商品の設定の仕方。

「マーケティングの仕事の半分はテストです」
と断った上で、Web上のテストの話し。
Webだと一斉配信なんてすぐに出来ちゃうんだけど、
あくまでも
小さくテストして、自信作ができたところで大きく展開
これはリアル店舗のテストと一緒ですね。

そーんなわけで、その先を知りたい!
もっと専門的な技術を磨きたい!
と言う気分になったのでした。

普段の仕事はリアル店舗しか扱ってないから知識がなくても困ることはないんですが、
一般小売店にしても、Web上のプロモーションが侮れなくなってきていることも感じていたりして。
中小で伸びている会社は、Webの使い方が上手だなと。
そこに貢献できるようになりたいのです。
(お取引先様の売り上げあってこその、かれんの営業成績。)

続きは、妖怪小説の合間にでも、
銀座で買い込んだ真面目な本を読んで書かせていただきます♪


Theme:マーケティング

Genre:ビジネス

2007-08-09 Thu 17:14

菅谷義博『ロングテールの法則』

本日のお題は「ロングテール」です。

銀座で仕入れたWebキャンペーン&マーケティングの本について書く前に、
そもそもどうしてそこに興味を持ったのかをお話させていただこうと思います。



きっかけは、この本。

菅谷義博
『80:20の法則を覆す ロングテールの法則』
東洋経済新報社

ISBN:4492555501

80対20の法則を覆す ロングテールの法則
(2006/02/24)
東洋経済新報社
Amazonで詳細を見る



ビジネス書はネタバレOKとMYルールを決めていますので、内容もどんどん書きます。
ただ、適当に摘んでますので、ご興味のある方はご自分で読んでくださいね。

パレート法則とか、パレート分析は聞いたことありますか?
いわゆる「80対20の法則」です。

たとえば。
■2割の社員が8割の利益をもたらしている
■2割の上顧客が売り上げの8割を占めている
■2割の商品が売り上げの8割を占めている

で、その重要な2割にターゲットを決めて販促をすると効率が良いっていうのが従来の定石でした。
必要最小限の労力で、効率よく利益を上げるには重要なことです。

胴体を食べておなかいっぱいになるなら、効率の悪い尻尾はいらない。

でも、ながーい尻尾の部分に注目したのがロングテールの法則です。
切り捨てている残りの8割の顧客や商品に、コストなしで販促が出来るなら、
切り捨てないほうが良いに決まっています
そのコストの少ない販促って、Webだと簡単に出来ますよ!
というのがこの『ロングテールの法則』の主旨。

前半はロングテールについての説明。
後半は、実際の手法について書いてあります。

興味深い記述は、

「必要なのは
マーケティングのネット化ではなく、
マーケティングの自動化である」


っていうところ。
要は、郵便でDM打ってたのをメールにしただけじゃダメですよー、というお話。

この言葉の含蓄だけで、ゴハンが3杯食べられるわ。

だから、Web上の広告媒体についても書かれているけど、
ICタグのようなリアル店舗向けのものでも、マーケティングの自動化であって
考慮すべき手段であるってことも書かれています。
(ICタグについてはまた後日。)

後半はグーグルアドワーズほか、各種の成功している広告媒体の紹介がされています。
これは実際使ってみないとわからないかな。

Theme:マーケティング

Genre:ビジネス

2007-08-09 Thu 13:53

畠山恵『ぬしさまへ』

畠山恵『ぬしさまへ』新潮文庫
ISBN:978-410-16412229

ぬしさまへ(2005/11/26)
Amazonで詳細を見る



しゃばけ』シリーズの第2作。

若だんなの幼なじみ栄吉が作った饅頭を食べたご隠居が死んだ!?
布団から泣き声が聞こえる!?
・・・と数々の怪事件。
もちろん若だんな&妖怪たち、大活躍です。

あいかわらずテンポ良く読めるのですが
『しゃばけ』よりディープな面も書かれています。
あらためて、2冊目にして、人の心を書くのが上手な作家さんだと思いました。
 
印象的なのは、
何度生まれ変わっても
何度でも出会い続ける千年の恋。

不思議と暗くならないのは、若だんなのキャラの良さでしょうか。

Theme:妖怪・憑き物・陰陽師

Genre:小説・文学

2007-08-07 Tue 02:01

サン=テグジュペリ『星の王子様展』@大丸札幌店

ここ数日「サン=テグジュペリ 戦う操縦士」の検索で
このサイトの記事空を飛ぶ!Vol.1にたどり着く方が増えてきました。
先日の水木しげるさんのイベントのときもトラフィック跳ね上がってびっくりでしたが、
今回も思い当たる節があるものですから(笑)
皆さまのご期待にお応えしようと思います。



■イベントのご案内■

2007年8月8日(水)~8月20日(月)
大丸札幌店 7階ホール
サン=テグジュペリの「星の王子さま展」

入場料 一般900円 大高生700円 中学生以下無料
(前売 一般700円 大高生500円 中学生以下無料)


数々の原画とともに、NY初版本や手紙、写真、デッサンなど
約200点がやってきます。
サン=テグジュペリのイラストや書簡にはフランス語で走り書きが
たくさんあって、理解できると楽しさ3倍ですので、
できれば
フランス語の読めるお友達か
小さな辞書を道連れにしましょう。



書籍に関しては・・・

2005年で、岩波書店が翻訳権独占だった『星の王子様』の国内著作権が権利消滅(PD)となったため、各出版社から新訳の文庫版が出され、今年の夏の文庫フェアにも出ています。

Theme:文学・小説

Genre:小説・文学

2007-08-06 Mon 22:31

畠中恵『しゃばけ』

畠中恵『しゃばけ』新潮文庫
ISBN:410-146121-X
Amazonで詳細を見る
shabake


畠中恵『ちんぷんかん』って、シリーズ物の途中の巻なのです。

ナカムラのおばちゃん
http://blog.kansai.com/nakaoba
のおすすめもあり、
お行儀良く、1作目『しゃばけ』から読むことにしました。

病弱な江戸の大店の若だんなと、取りまきの妖たち。
時代物で妖怪&憑喪神だらけなのに、陽気さがあふれています。
出生の秘密や嫡男としての話は切ない部分もあり、
人殺しなんかも起こってしまうのに・・・
語り口が明るくて、どんどん読めます。

移動の電車の中で『しゃばけ』を一気に読み、
駅の本屋さんで続きのぬしさまへを買う私
(営業カバン、重すぎ。)

やっぱり1作目から読んで良かった。


ついでに。
「しゃばけ」は「娑婆気」
俗世間における、名誉・利得などのさまざまな欲望にとらわれる心。
あらためてタイトルを眺めて振り返ると・・・
深い話だわ(ーωー)



Theme:妖怪・憑き物・陰陽師

Genre:小説・文学

2007-08-04 Sat 15:41

芥川賞受賞作『アサッテの人』

諏訪哲史『アサッテの人』講談社
ISBN: 978-4062142144
Amazonで詳細を見る
asattenohito




読みました。
2007年7月芥川賞受賞作

冒頭は多少読みにくい文体ですが、わざとやってます。
途中から変わるので気にしなくて大丈夫。

「ポンパ!」とか意味不明の言葉を突然発する叔父についての小説です。


わがままを言うのなら・・・
劇的な事件/感動とか、そういうものがもう少し欲しかったです。
(厳密には妻の死とかの要素はあるんだけど・・・)

腹七分目でおあずけな子犬の気持ち

甘やかしてはくれないのね。
(もともと種村季弘先生のために書いてる小説だし、仕方ないか・・・)

そこに書かれていない物語を想像して楽しんだり、
何気なく出てくる、ズキンとくるフレーズを反芻したり、
心病みがちな青春時代をなつかしんだりしながら味わうのが吉。

芥川賞ですから、わかりにくくて当たり前です。
「100人読んだら99人号泣」みたいなことは期待しちゃダメですよ。

Theme:文学・小説

Genre:小説・文学

2007-08-02 Thu 05:41

海の本

写真集をもうひとつ。

今年海に行けなかった人へ。
そして海を愛するすべての人へ。


吉野雄輔『海の本』角川書店
ISBN:404-8538993
Amazonで詳細を見る
uminohon



『空の名前』
『宙の名前』
『色の名前』
で一世を風靡した角川のシリーズです。
(それぞれ著者はちがっています)
今までのシリーズで、かれんはこの『海の本』が一番好きです。


海底の景色やカラフルなお魚がたくさん。
海の中って、写真で見るだけで癒されます。


写真家本人のエッセイ付きで、写っているものの解説とか、
水中のいろんなエピソードが書かれています。
スキューバダイビングをしたことのない私も、一緒に潜った気分になれました。


面白いと思ったのは、
早川いくを『へんないきもの』
に出てくる、イソギンチャクを両手に持ったカニが
ここにも出てきた
こと!
思わぬところで知人を発見した気分です(笑)



Theme:写真集

Genre:本・雑誌

2007-08-01 Wed 22:25

奇跡の写真集 石井哲・大山顕『工場萌え』

石井哲・写真/大山顕・文『工場萌え』東京書籍
ISBN:9784487801633
Amazonで詳細を見る
koujoumoe



写真集のご紹介です。

「工場萌えな日々」というブログがお気に入りで、たびたび訪問していました。

工場萌えな日々
http://d.hatena.ne.jp/wami/

良い意味でマニアック。
好きだから撮る、っていう気持ちの伝わるサイト。
工場、プラントってこんなに美しいのかと気付かせてくれます。
長年、工場を撮ってはブログに掲載していらっしゃったのですが、
2007年春、それが写真集として出版されたのです。
ファンとして、本当に嬉しく思いました。
ブログのときはご自分の文章でしたが、写真集のほうでは大山顕さんが文章を書いていらっしゃいます。
オリジナルの写真と文章は、今も見られるのでブログのほうにぜひ遊びに行ってみてください。



かれんの大事な心の友で、
遠い土地から季節の移り変わりを写メールで送ってくださる方がいて、
その写真に『工場萌え』みたいにエッセイをつけて出版したい!
なんて野望もあります。
(その人は嫌がるかもしれないけどね。笑)




乱読系ブログを始めようと思ったのも、『工場萌え』の影響はあるのかも。
著者の石井さんが、好きなことを突きつめるのは良いことなんだと、目の前で見せてくれたから。

石井さん、ありがとう。
・・・ってここで言って伝わるのかなー(謎)

Theme:写真集

Genre:本・雑誌

2007-08-01 Wed 12:54

カラーマーケティングの良書『売れる色の法則』

高坂美紀『図解!売れる色の法則』秀和システム

ISBN:4798014192
Amazonで詳細を見る

売れる色の法則


著者の高坂美紀さんはプロのカラーコンサルタント。
さまざまな商品のパッケージデザインを、
なんと22年間も!!!続けていらっしゃる方です。

今でこそカラーマーケティングという言葉もすっかり定着していますが
22年前ってどうだったんでしょう?

いままでたくさん読みましたが、正直言って、
カラーマーケティングはコレ一冊で十分です
全頁カラーで、実際の商品を例に説明してあるのでわかりやすいです。

誰が見ても、金色はゴージャスイメージ。
それだけじゃなくて、何色とどんなバランスで使うのかで効果も変わったり。
印刷の都合で金色が使えないときはどうするのか、とか。
そういうことを細かく説明してある本。

一般論で「食品パッケージに寒色系は売れにくい」とか言われていますが、
この本には、寒色系なのにヒットしたものもたくさん登場します。
だけど、偶然じゃなくて、ヒットするように仕掛けられているの。

その根拠を、ぜんぶ書いてくれてます。


ほんとに惜しみなく書いてあるので、
企業秘密ばらしちゃって良いのか心配なくらい。
だって、プロも使えるようにCMYK付きだし、真似されちゃうよ?
あ、でも(知財権とかで)まったく同じにはできないから良いのかな。


多分無理だとは思うけど、『売れなかった色の法則』なんていうのも知りたい私・・・
(出版者の中の方、もしもご覧になっていたら企画してください☆)

Theme:マーケティング

Genre:ビジネス

2007-08-01 Wed 11:31

手作り石鹸

学生時代のお友達に偶然道で会いました。

お友達fairyちゃんは、以前から癒し系の業界で頑張っていた女の子。
いまは自分で手作り石鹸の講座を開いたり、販売も手がけたりしているようです。

素敵なのでご紹介

fairyのしあわせ手作り石鹸ライフ
http://blogs.yahoo.co.jp/fairy_handmadesoap


手作りなので、自分の好きな香りで作ることができるの。
毎日のお風呂が楽しくなりそうです。

Theme:**暮らしを楽しむ**

Genre:ライフ

07 «
2007.08
» 09


12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。