Home > スポンサー広告 >直木賞 >直木賞候補 北村薫『玻璃の天』

--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-07-26 Thu 04:05

直木賞候補 北村薫『玻璃の天』

直木賞候補 北村薫『玻璃の天』 文藝春秋
ISBN:978-4163258300

玻璃の天 玻璃の天
北村 薫 (2007/04)
文藝春秋

Amazonで詳細を見る


直木賞候補で、もっとも受賞に近いと言われていた作品。
文春から出ていることもあるんだろうけど。
結構期待して読みました。


時代は昭和の一桁、主人公は女子学習院に通う15歳。


文学・音楽好きには、ピンとくるキーワード多数。


筝曲『八重衣』とか、
マレーネ・ディートリッヒの映画&ピアノ演奏とか、
『漢書』の「善く敗るる者は滅びず」のフレーズ、
江戸川乱歩の小説、
ウェブスターの『あしながおじさん』、
伊勢物語、などなど・・・。


これらの要素と、登場人物の魅力で読ませる作品だとは思います。


でも・・・正直な感想。
昭和一桁の設定で、戦後デモクラシー的価値観を語るのはビミョウ。
純粋に小説としては主張の部分が余計だし、
思想的にはちょっと物足りず、もったいないかも。

スポンサーサイト

Theme:文学・小説

Genre:小説・文学

Comment

Comment Form

Secret

09 «
2017.10
» 11


12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。