Home > スポンサー広告 >小説 >畠山恵『ぬしさまへ』

--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-08-09 Thu 13:53

畠山恵『ぬしさまへ』

畠山恵『ぬしさまへ』新潮文庫
ISBN:978-410-16412229

ぬしさまへ(2005/11/26)
Amazonで詳細を見る



しゃばけ』シリーズの第2作。

若だんなの幼なじみ栄吉が作った饅頭を食べたご隠居が死んだ!?
布団から泣き声が聞こえる!?
・・・と数々の怪事件。
もちろん若だんな&妖怪たち、大活躍です。

あいかわらずテンポ良く読めるのですが
『しゃばけ』よりディープな面も書かれています。
あらためて、2冊目にして、人の心を書くのが上手な作家さんだと思いました。
 
印象的なのは、
何度生まれ変わっても
何度でも出会い続ける千年の恋。

不思議と暗くならないのは、若だんなのキャラの良さでしょうか。

スポンサーサイト

Theme:妖怪・憑き物・陰陽師

Genre:小説・文学

Comment

Comment Form

Secret

09 «
2017.10
» 11


12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。