Home > スポンサー広告 >ビジネス系。 >リース会計が変わります

--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-07-12 Thu 11:32

リース会計が変わります

  
『企業会計 2007.7月号~特集:リース会計基準等の総合解説』
石井泰次、小賀坂敦、小宮山賢、佐藤信彦 著 中央経済社


http://www.chuokeizai.co.jp/acc/200707/index.html


企業会計7月号


皆さんの会社、リースで機材とか使ってますよね?
もしくは、リースを使って商品を提供したり。
で、その会計基準が大幅に変わります。
日頃から少しずつ日経新聞などに載ってきてはいますが、チェックしていない方のためにレビュー。

この3月、企業会計基準委員会から「リース取引に関する会計基準」が発表されました。
平成20年4月を目処に、新基準適用です。
詳細はまだ発表されていないのですが、リースを使う税務上&会計上のメリットが薄れそうな気配です。

今までは月々のリース料を経費で落とすだけで済んでいました。
これからは・・・
リースで利用しているものを資産計上しなくてはなりません。
資産計上すると、保有資産には税金がかかります。
資産計上するということは、同時に融資を受けたりしてるような捉え方をするので、負債の計上も発生します。
会計上、B/Sの見た目が変わってきます。
リース専門以外の方にも、ファイナンスリースのオフバランス処理廃止・・・っていう言い方は伝わるのかしら?
まあ、そんな感じです。

じゃあ、土地と建物一緒とか色々込みの契約は?
リースって言ってもいろんなタイプの契約をどう処理するの?
今まで既に組んでるリースは?
資産価値(残価とかも)の適正な時価評価ってホントにできるの?
・・・って、いろいろ細かいことは、実は未発表。これから決まっていきます。

ただ、今回の特集記事で、方向性はだいぶ見えてきました。
改正の目的自体は、企業価値の正確な把握と、税収UPということらしいです。
中小企業除外規定もできるらしいから、該当しそうな方は(除外してもらえるように)これから色々研究すると良さそうです。

あと、業界内のうわさでは、一般乗用車のような小さいものを除外するとかしないとかの話もちらほらと聞こえてきます。
私も仕事に密接にかかわってくるので、また関連の記事を見かけたら載せていきますね。
スポンサーサイト

Theme:ビジネス

Genre:ビジネス

Comment

Comment Form

Secret

07 «
2017.08
» 09


12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。