Home > スポンサー広告 >ビジネス系。 >サマンサタバサ 世界ブランドをつくる

--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-02-11 Mon 07:19

サマンサタバサ 世界ブランドをつくる

寺田和正『サマンサタバサ 世界ブランドをつくる』日本経済新聞出版社

ISBN:978-453231341-8

サマンサタバサをご存知ですか?

女の子たちに人気のBAGのブランド。
ミクシィの上場とほぼ同じころに、東証マザーズに上場した会社です。

私が大学~就職のころ、ここのブランドの
バンブーの持ち手のついた個性的なデザインのバッグが大流行しました。
それから10年以上が経った今、私たちがリアルに欲しいと思うものを
作り続けているのです。
個人的にはビクトリア・ベッカムがデザインしたものが好み
お客の年代が上がるにつれて商品も変化していっているのが嬉しいです。

さて、そのサマンサタバサの成功の秘訣
「良い人」「良いもの」「良い宣伝」「良い場所」
の4つについて書いている本です。

サマンサタバサ 世界ブランドをつくるサマンサタバサ 世界ブランドをつくる
(2007/07/26)
寺田 和正

Amazonで見る



とくに「良いもの」「良い宣伝」に関して、
ブランディングに対する哲学が素晴らしいと思います。
↓以下、本文中より引用。

・付加価値をはぎ取った本質を知ることが、付加価値を知ること
・ブランドは“球体”で考える~見方や内容を変えたとしても変わらない部分。それが“球体”なんじゃないでしょうか。あらゆる視点からブランドを見よう。
・ブランドはブームにしてはいけない~付加価値を“食べきって”しまわないよう努力することと、ブームを生み出すことは意味合いが違います。
・良い宣伝は、お客様を喜ばせてこそ。そもそも宣伝とは、売るためのものではない。~最大の効果は“喜び”と“サプライズ”である。
・サマンサタバサジャパンリミテッドという社名には、世界を目指すという強い意思が込められている。


なんとなくですが、この会社は世界に届くんだろうなと感じました。
そして、急成長の会社でありながら、まるで老舗のように人を大事に育てようとする姿勢も
伝わり、読んでいて暖かい気持ちになりました。

ブランド戦略に関するシビアな視点と、人に対する思いやり。
両方を持ってる寺田社長、かっこいいです(←これ、結論。笑)
スポンサーサイト

Theme:ビジネス系。

Genre:日記

Comment

Comment Form

Secret

05 «
2017.06
» 07


123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。